家の安全、気になりませんか。
自宅を空き巣から守りたいと思うのは、誰しもが持つ自然な願望です。
どのような家が狙われやすく、どんな対策が効果的なのでしょうか。
安全な住まいづくりに役立つ知識を得る絶好の機会です。

□空き巣に狙われやすい一軒家の特徴

空き巣は、侵入しやすく、かつ発覚しにくい家を好んで狙います。
以下の特徴を持つ家は特に注意が必要です。

1:敷地内が見えにくい家

塀や樹木で囲まれた家は、外からの視線を遮るため、一度侵入すると外部からの目撃が難しくなります。
また、敷地内が広く、家から入口までの距離がある場合も、侵入者にとっては隠れやすく、侵入しやすい条件を提供します。

2:周辺環境が閑散としている

人通りの少ない地域や、隣家との距離が離れている場所は、犯行中に目撃されるリスクが低く、空き巣にとって好ましい環境です。
さらに、背の高い建物に囲まれ視界が遮られる場所も、同様に狙われやすいのです。

3:玄関や窓のセキュリティが甘い

セキュリティシステムが整っていない、鍵が古いまたは一つだけ、窓が簡単に開けられる構造の場合、空き巣の侵入を容易にします。
夜間、人がいないタイミングでの侵入を試みやすくなります。

4:周辺の騒音が大きい場所

建設現場や大きな道路に近い家は、周囲の騒音に紛れて、侵入時の音が目立ちにくいです。
特に工事の騒音は、破壊行為による音をカバーするのに十分な大きさです。

5:深夜の不在が多い家

仕事や趣味で夜間外出することが多い家庭は、空き巣にとって狙い目です。
深夜帯は周囲の目も少なく、静かであるため、侵入しやすくなります。

6:セキュリティ対策の知識不足

セキュリティ対策に関する知識が不足していると、効果的な防犯対策を講じることが難しくなります。
適切な対策を知り、実行することで、空き巣から家を守ることが可能です。

 

□空き巣が嫌がる家づくりのポイント

空き巣に狙われにくい家を目指すためには、以下のような対策を講じることが効果的です。

*防犯カメラやセンサーライトの設置

防犯カメラやセンサーライトは、空き巣にとって大きな抑止力となります。
これらが設置されている家は、侵入を試みる前に諦める可能性が高くなります。
特に、センサーライトは人の動きを検知して自動で点灯するため、不審者が近づくだけで周囲に警告します。

*強固なドアや窓のロック

ドアや窓には、ピッキングに強い鍵や複数の施錠点を設けることが重要です。
侵入に時間がかかるほど、空き巣にとってリスクが増すため、これらの対策は非常に効果的です。

*見通しの良い設計

家の周りに高い塀や濃い植木を設けず、外から内部が見える設計にすることが推奨されます。
道路から家の様子が一目でわかることは、空き巣にとって大きなリスクとなります。

 

□まとめ

空き巣に狙われやすい家の特徴を理解し、それに対する対策を講じることは、家庭の安全を守る上で非常に重要です。
防犯対策を施した見通しの良い家づくりは、空き巣にとっては入りにくい環境を提供します。
今回紹介したポイントを踏まえ、自宅の安全対策を見直し、安心できる生活空間を守りましょう。

当社は香取市・成田市・神栖市・印西市周辺で、一級建築士と大工の双方の視点から、健康住宅に特化した家づくりを行っています。
自然素材にこだわり、家族が健康で幸せに過ごせる空間を提供。
あなたの理想の住まいを形にします。

無料お問い合わせ