家を建てる夢は多くの人に共通していますが、土地を持っていないという現実は、その夢を遠のかせることもあります。
まさに、このような状況にある方々は、どこから始めれば良いのかと悩むことでしょう。
この記事では、土地の購入から家づくりまでの具体的なステップと予算計画について解説します。
夢を現実に変えたいと考えている方にとって、きっと役立つ情報です。

□土地なしで家を建て始める最初のステップ

土地を持たずに家を建てる旅は、適切な情報と計画から始まります。
ここでは、その最初のステップを6つの小見出しで解説します。

1:土地探しの開始

まず、自分で土地を探すか、不動産会社やハウスメーカーに相談して土地探しを始めます。
建築条件付きの土地を選ぶことで、プランニングの相談から土地探しまで一貫してサポートを受けられます。

2:建築会社の選定

次に、工務店や建築事務所、ハウスメーカーから建築会社を選びます。
設計からローンの申請、着工までの流れをスムーズに進めるためには、早めの行動が求められます。

3:土地購入

家を建てる前には、土地の購入が必要です。
手付金や仲介手数料など、土地購入に関わる初期費用は自己資金で準備する必要があります。

4:住宅ローンの事前審査

住宅ローンを組む前には、事前審査を受けることで、信用情報や返済能力をチェックします。
土地購入を含めたローンを考えている場合、このステップは特に重要です。

5:建築工事請負契約

建築会社との間で、建築工事の契約を結びます。
契約後は、建築確認申請を行い、確認済証の交付を受けてから着工に移ります。

6:着工から引き渡し

建築が始まると、最終的には建築基準法に基づく完了検査を受け、問題がなければ残金を支払い、引き渡しとなります。

 

□土地なしでも把握すべき家を建てる費用内訳

家を建てる際の費用内訳を理解することは、予算管理において不可欠です。
土地購入費を除いた建築費用と諸費用について見ていきましょう。

*建築費用の内訳

建築費用は本体工事費、別途工事費、諸経費の3つに分かれます。
本体工事費は全体の75%を占め、別途工事費と諸経費がそれぞれ20%、5%を占めます。

*土地購入費用

土地を買う際には、その価格だけでなく、さまざまな追加費用も考慮する必要があります。
これには、不動産の仲介手数料、印紙税、登記にかかる費用などが含まれ、これらの諸費用は土地価格の約5%から10%を目安に見積もると良いでしょう。
そのため、予算を立てる際には、これらの費用も計画に入れておくことが大切です。
さらに、土地の境界を明確にするための調査が必要な場合もあり、その作業にも別途費用が発生します。

*諸費用について

諸費用は土地購入時の仲介手数料や税金、住宅ローンの手数料などを含み、物件価格の10~12%程度を占めます。
これには引越し費用や近所への挨拶回りにかかるコストも含まれる場合があります。

 

□まとめ

土地のない状態から家を建てることは、適切な情報と計画に基づいて行えば十分可能です。
この記事で紹介したステップや費用の内訳を参考にして、自分に合った家づくりの計画を立てましょう。
土地探しから建築会社の選定、費用計画まで、一歩一歩慎重に進めることで、理想の家を実現できます。

香取市・成田市・神栖市・印西市周辺で、自然素材に囲まれた健康で快適な家を建てたい方は、ぜひ当社へ。
あなたの理想を叶えるために、私たちは全力を尽くします。

無料お問い合わせ