ブログ

賃貸住宅には無い強み

「持ち家にすべきか、賃貸にすべきか・・・」既婚・未婚を問わず、実家を離れて暮らしている人なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

全員に当てはまる正解がないだけに、とても難しい問題ですよね。

ただ、『資産』という視点で考えると、持ち家はとても魅力的です。

賃貸住宅は、何十年経っても自分の資産にはなりませんからね。

 

■ 集合住宅で暮らす人が一戸建てを欲しくなる時

集合住宅で暮らす人が、「あー、もうイヤだ。一戸建てで暮らしたい!」と思うのはどんな時でしょう。

一番大きな原因は、音の問題です。

上下階や隣の部屋がうるさかったり、あなたのお子さんの声がうるさいと文句を言われたり。
そんな時、「一戸建てを借りたら、このストレスから解放されるかもしれない」と探してみるものの、一戸建ての賃貸物件は驚くほど少ないのが実情です。

需要の多さに需給が追いつかないので、駅から遠くても、築20年以上の物件でも借り手がつく状況の地域もあるそうです。(もちろん、その物件の状態にもよりますが)

 

■ 新築のきっかけ、一戸建て賃貸を欲しくなるきっかけ

多くの人は、家族が増えたことや子どもの成長をきっかけに家づくりをします。

これは、多くの人が一戸建ての賃貸を意識するきっかけと同じです。

ということは、

・ 庭がある

・ 駐車スペースがある

・ 子供部屋として利用できる部屋がある

というように、求める内容と一致する可能性が高いということ。

賃貸なら固定資産税などの税負担もなく、必要な年数だけ利用できますから、人気が高いのは当然といえば当然なのですね。

 

■ どんなふうに活用したいですか?

あなたが年を重ねた頃、子どもが巣立った後の家の広さに寂しさを感じたり、車の免許を返納して利便性の良い場所に住みたいと感じるなら、その家を資産として活用することができます。

売却して、きっぱり縁を切るのもいいでしょう。

賃貸物件の大家さんとして、その家を見守るのもいいでしょう。

以前にもお話ししたかもしれませんが、家づくりを考える時、多くの人が目安にするのが『40坪』。

でも、年を重ねると掃除が負担になったり、夫婦2人暮らしだと広くて持てあましてしまうことがあります。

病気や高齢のため、自宅で暮らせなくなることもあります。そんなとき、家を資産として活用できるのは心強いですね。

これは賃貸暮らしを選んだ人には持てない強みです。自分の暮らしを楽しみながら資産を蓄えられるなら、持ち家も悪くないなと思いませんか?

 

■ 資産として活用するなら

家族の健康や安全を守るためにも、将来的に資産として活用するためにも、家の定期的なメンテナンスは大切です。

そうそう、奇抜なデザインや間取りだと、資産としての価値を低くしてしまうことがあります。

その時の最先端の流行を活かした家より、暮らしやすさを重視した家の方が需要も多そうですよね。

自分や家族に合わせた家に住めて、将来は資産としても利用できるんですから、「持ち家か賃貸か・・・」と悩むなら、私は持ち家を勧めたいタイプです。

ただし、悩む余裕のない方に勧めることはないのでご安心を!

投稿日:2015年11月13日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP