ブログ

あなたの『本当の要望』は?

今日は、『自分の本当の要望を伝える』ということについてお話します。

 

注文住宅を建てるんですから、「予算の範囲内で、できる限り自分の要望を取り入れてほしい」と思いますよね。

でも、これには落とし穴があることをご存知ですか?

 

仮に、あなたが、
•「リビングは、家族も友達もくつろげるような空間にしたい」
•「キッチンでは、子どもと料理を楽しみたい」
•「室内に、洗濯物をたっぷり干せる場所が欲しい」
•「ベランダでは、ガーデニングやバーベキューを楽しみたい」

と望んでいるとしましょう。

 

でも、営業マンは、
•「リビングは何畳くらい必要ですか?」
•「キッチンは5社のものを取り扱っていますが、どのタイプがお好みですか?」

という質問をするケースが多いんです。

特にハウスメーカーは、そんな質問をする傾向がありますね。

 

そんな質問をされると、
•「リビングは12畳くらいあったら大丈夫かな」
•「5種類の中では、この設備が一番素敵だな」

と考えてしまいがちですよね。

でも実は、これが失敗の始まりなんです。

 

こんな質問に答えても、あなたの本当の要望は、相手には伝わりません。

あなたは、リビングを12畳にしたいのではなく、くつろげる空間にしたいのです。

キッチンは、5社の中で一番素敵な設備を使いたいのではなく、子どもと料理を楽しめる場にしたいのです。

 

ですから、あなたの要望を確実に叶えてほしいのなら、
•「リビングではどんなふうに過ごしたいのですか?」
•「お子さんとはどんな料理をつくるんですか?」
•「洗濯物の量はどれくらいですか? いつも何時頃に洗濯するんですか?」
•「ベランダ菜園では、どんなものを育てる予定ですか?」

というふうに尋ねてくれる業者を選んでください。

 

そんな業者は、あなたの新居での生活を想像し、よりよい提案をしたいと思っています。
•「リビングは12畳なくても、こんな工夫をすればくつろげる空間にできます」
•「お子さんと並んでお菓子作りをするのなら、作業スペースはちょっと広めがいいですね」
•「本格的に野菜を育てるのなら、ベランダの補強は大切ですね。ところで、水やりや収穫のために水道があったほうがいいですか?」

というように、プロの目線で考えてくれます。

そのためには、業者はあなたの生活や考え方を十分に理解しないといけません。

 

ですから、相手を理解しようと努めている業者は、自社を売り込むことより、相手の話を聞くことに時間を費やします。
•「この部屋は○畳にしてください」
•「設備はこれにしてください」

というのは、あなたの本当の要望ではありません。

 

新居での幸せで快適な生活が、あなたの本当の要望のはずです。

 

生活のプロであるあなたと、建築のプロである業者がタッグを組めば、よりよい家づくりができます。

 

そのために、あなたの『本当の要望』をきちんと伝えてくださいね。

 

では、また。

投稿日:2015年7月11日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP