ブログ

主人公は誰でしょう?

早速ですが、あなたは業者に「家を建ててもらおう」と思っていませんか?

確かに業者は、家を建てることはできます。自分の能力の範囲なら、どんな家でも建てることができます。

でもそれは、あなたの暮らしには合わない家かもしれません。

あなたの家をつくる時、主人公は『業者』ではなく『あなた』です。

あなたがイメージをしっかりと膨らませ、しっかりと業者に伝える。

その作業なしでは、家づくりは何も進まない気がします。

もしかしたら、今「そんなの当然じゃないか」って思いましたか?

そう、当然です。でも、

「当社の家づくりは、こんなところがいいんですよ」

「今はこの設備が人気なんですよ」

と業者の説明を聞くうちに、必要なものを削ったり要らないものを加えたりしないと言い切れるでしょうか。

業者は良い情報を提供しているだけ。それを取捨選択するのはあなたです。

でも、あなたのイメージが固まっていないと、業者の提案が最善のように感じられて、ついフラフラとなってしまいます。

その結果、住み始めてから後悔したり、予算オーバーになって苦しんだり・・・。

あなたや家族が片付けが苦手なら、オシャレなアイランドキッチンを提案されても独立型の方がストレスを感じないかもしれません。

リビングよりダイニングで過ごす時間が長かったら、ダイニングを充実させた方が楽しい時間を過ごせるかもしれません。

そんな暮らしのイメージをしっかり伝えるためには、家族の日々の行動パターンや、その意味を理解することも大切です。

自分の家を自分でつくるために、まずはそこから始めてはいかがでしょうか。

投稿日:2016年4月1日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP