ブログ

今朝、結露にウンザリしましたか?

■40%が無断熱住宅
 

国土交通省によると、既存住宅の約40%が無断熱住宅だとか。

次世代省エネ基準を満たしている住宅は5%なので、

これから寒さが厳しくなると、その5%以外の住宅で暮らす人は

少なからず寒さに悩まされるということになります。

季節の変化を楽しむために断熱性を抑えた人はともかく、

それ以外の方にはつらい時期ですね。
 

■断熱性が低い住宅のデメリット

 
・冷暖房の費用がかさむ

・結露が原因でカビやダニが発生しやすく、住宅が傷みやすい

・部屋ごとの温度差が大きく、ヒートショックが起きやすい

・体を動かすのが億劫になるので運動不足になりやすい
 

■資産価値を重視するなら
 

新築する時、将来の売却や賃貸に備えて

資産価値を重視する人が増えているとか。

一方、親から資産価値の低い住宅を相続したために、

売却も維持管理もできずに困っている人が増えています。
 

資産価値を高めるためには断熱性が欠かせません。

断熱性が高いと、寒さ暑さによる健康被害を防ぐことができます。

健康に暮らせる住まいなら、家族は毎日安心して暮らせます。
 

広さを優先するか、断熱性などの性能を優先するか、

きっと難しい問題だと思います。

これらは、数字や図面だけで説明されてもピンと来ないものです。

OBさんの家などの実例で体感しながら、

より良い方向を探したいですね。

————————————————————————————————————————————————–
【笑顔の絶えない健康な住まい・株式会社岩澤工務店】は、
千葉県香取市を中心に、自然素材でつくる 『 本物の健康住宅 』
“ 呼吸する” 自然素材に包まれた子どもたちが健やかに育つ家 をお届けしております。

【自然素材&ダブル断熱&生体エネルギーの家】新築・リフォーム・建て替えも
主な施工エリア:
【千葉県】 香取市、成田市、旭市、銚子市、匝瑳市、芝山町、横芝光町、山武市、酒々井町、富里市、八街市、佐倉市、東金市、四街道市、印西市、栄町、白井市、東庄町、多古町、神崎町
【茨城県】 神栖市、鹿島市、潮来市、稲敷市、河内町、利根町、龍ヶ崎市、行方市、つくば市、牛久市、阿見町、美浦村、取手市、つくばみらい市
その他お問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————–

投稿日:2017年1月11日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP