ブログ

住まいづくりのその前に

今、お住まいの家への不満はありませんか?

「収納が少ないから部屋が片付かない!!」

「片付けてもすぐに散らかってしまう…」

「アパートの2階に住んでいるんだけど、音が響くようで下の階に迷惑を

かけているんじゃないか心配で、ついつい子ども達を叱ってしまう」

「日当たりが悪く、朝から暗いから気分が滅入る」

など、今の住まいへの不満から

「収納がもっと多ければ…」

「一戸建てならどんなに走り回ってもニコニコしていられる」

などと、新しい住まいを夢見る人は多いんでしょうね。

 
■ 住まいづくりのその前に

ですが、主婦の方などは、住まいへの不満のその前に、家事・育児・仕事を日々こなす事で、

ストレスや疲労で限界寸前という深刻な方も沢山いるようです。

「家事をするのが毎日憂鬱」

「やる気が出ずに洗濯物が出しっぱなし、手抜き料理ばかり」

「叱ってばっかりの子育てで罪悪感を感じる」

「毎日バタバタしていて自分自身の時間がない」

「こんなに大変なのに夫は協力してくれない」

・・・こんな風に、物や時間や人に振り回されて、悲鳴を上げています。あなたはどうでしょうか?

 
■ 理想の住まいが手に入ったら・・・

この、生活に不満がある状態で住まいづくりを始めるとどうなるでしょうか?

確かに生活の不満を新しい住まいへ反映する事で、ある程度は

快適な生活が手に入るのかもしれません。

でも、根本的な解決にはなっていないような気がいたします。

そのうちにまた違ったところに不満が出てくるのか、不満がもっと複雑になってしまうのか・・・、

はたしてよい結果になるのか心配になるところもあります。

それ以前に、住まいづくりがうまく進むのかどうか心配ですね。

住まいづくりってとても大変な作業です。安易に決めてしまって後で後悔したり、

誰かが納得いかないまま不満を持ったまま進めてしまったり、そんな住まいづくりでは、

もしかしたら家族関係をも悪くしてしまう事になるかもしれないですよね。

 
■ 住まい作りと共に家族との関係も見つめて

もう一度家族で話し合ってみてください。

現状の住まいへの不満と合わせて、生活への不満を。

どんな住まいでどんな生活を送りたいのか。

住まいづくりと共に家族の住まい方を話す事で、家族はもっと一致団結でき、

あなたの家族に合った住まいが見えてくると思います。

投稿日:2015年9月22日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP