ブログ

住宅会社は『お客さま』を断らない

住まいづくりで最も難しいこと。

 

それは、土地選びでも資金計画でもありません。

『業者選び』です。

建築基準法という軸があるとはいえ、

業者によってこだわりはさまざま。

しかも、依頼する側の要望もさまざま。

 

そう考えると、自分にとって最良の業者と巡り合えた人は、

宝くじで高額当選するのと同じくらい

幸運なのかもしれませんね。

 

「 住宅会社は『お客さま』を断らない 」

 

■その偶然は運命?

 

普段なら気にも留めない折り込みチラシ。

ネットサーフィンをしていた時、偶然開いたホームページ。

偶然通りかかった時、イベントで盛り上がっていた住宅展示場。
そんなふとしたことが、

業者に関心を持つきっかけになることがあります。

 

しかし、この出会いを運命だと解釈し、

一目ぼれ状態で仮申し込みをしたり、

充分な打ち合わせをしないまま契約をする人がいます。

その結果、後悔する人は少なくありません。
新築後、家を守るパートナーとして

末永く協力する相手を選ぶのだということを意識して、

それにふさわしい相手かどうか見極める必要があります。

 

■お互いに不幸になります

 

誠実な業者は、

自社の家づくりに共感してくれる人の家を

大切につくりたいと考えています。

しかし実際には、家づくりの方向性が全く異なるお客さんも来ます。

本来ならば、業者はそのお客さんの依頼を断らなければいけません。
この時、誠実な業者は断ることができます。

それがお互いのためだと分かっているからです。

しかし、利益最優先の業者は断りません。

妥協点を探りながら話を進めます。
そんな関係だと、信頼関係を築くことは難しいものです。

相手の思いを汲みとることができないので、

不満を抱くこともあります。

最悪の場合、裁判沙汰になることもあります。

 

■合わないと思ったら断る勇気を

 

業者と何回か話をするうちに、

「この業者は、私の考え方とちょっと違うな・・・」

と感じることがあるかもしれません。
断ろうとしても、業者に言いくるめられてしまい、

なかなか断れなくて悩むことがあるかもしれません。
しかし、新居完成後、

数十年に渡って協力し合う相手を選ぶのですから

合わないと思った時はキッパリと断り、さっさと席を立ちましょう。
お互い信頼しあえる関係を築けるかどうかというのは、

とても大切なことです。

 

■営業マンを決め手にすると・・・

 

誠実な営業マンを信頼して契約する人は多いですよね。

毎年のように実施される調査でも、

常に契約理由の上位に入っています。

 

しかし、

 

契約後に担当者が変わることはよくある話です。

スタッフの仕事が細分化されているハウスメーカーの場合、

特にそうですよね。
あなたは、契約後に初めてその事実を知らされ、

ショックを受ける人が多いことを知っていますか?
そんな思いはしたくないですね。

投稿日:2015年6月2日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP