ブログ

図面より狭い?

間取りを描いた図面を見るのは楽しいですね。

そこに記された寸法を見て、「キッチンの広さはこんな感じなのね」と

イメージを膨らませている時は、本当にワクワクするものです。

しかし、実際に完成した住まいを見た時、「あれっ、図面よりも狭くない?」と
ガッカリする人もいるとか。

その狭さが、業者と施主のトラブルを招くこともあるそうです。

その原因は、業者の常識が、一般の人の常識ではないことにあります。
■ その数字の意味は?

例えば、階段の幅を910mmと書いてある図面があるとしましょう。

(図面に記されている数字の単位は、すべてmmです。)

その場合、建築の知識がない一般の人が「階段の左右の壁の間が91センチあるのね」

と解釈するケースがあります。

残念ながら、それは間違いなんです。

その数字が表しているのは、右の壁の芯(中心)と左の壁の芯の距離です。

ですから、実際の空間は、柱や壁の厚みの分だけ減ることになります。
■ 例外は外壁

外壁は、断熱の方法などにより、内側を優先するか、外側を優先するかが違ってきます。

詳細な図面を見ると分かるのですが、わかりにくい場合は、業者に尋ねるといいですね。
■ 自分の常識が相手の常識ではないことがある

建築業に限らず、いろんな業種ではその道の常識があります。

年齢によっても、それぞれの世代での『常識』は違いますよね。

自分にとって、それが『常識』だった場合、相手が知らないかもしれないと

想像できないことがあります。

図面の芯の問題にしても同様です。

あなたが新築する時、この問題以外にも分からないことが出てくることでしょう。

そんな時は、遠慮せずに業者に尋ねてください。

もしかしたら、彼らは「これはみんな知っていることだろう」と、

説明する必要があることすら気付いていないかもしれませんから。
■ わずか10センチ程度狭くなるだけでも

幅910mmと記載してあった場合、実際の幅は800mm前後になります。

大柄の人だったら、ちょっと窮屈に感じるかもしれません。

実際の幅が910mmだと解釈して、引き渡し前に家具を購入していた人は、

設置できなくて困っているかもしれません。

出来上がりの空間がどれくらいになるのか、案を練り上げている途中で、

その都度確認してみましょう。

最初の頃にイメージをつかめると、後々ラクだと思いますよ。

 

投稿日:2015年10月22日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP