ブログ

新築・建売・中古のメリットとデメリット

最近、新聞やテレビでは

空き家問題が話題になることが多いですね。

中古住宅の選択肢が増えたためか、

購入に関心を示す人が増えました。

新築・建売・中古という3つの選択肢。

それぞれのメリットやデメリットを理解し、

より良い選択をしたいものです。

そこで今日は、これら3つの

メリットとデメリットについてお話しします。

■新築のメリット

・依頼先を選定できる。
 
・住宅ローンの金利・借り入れ条件が、中古よりも有利なケースが多い。

・最新設備・最新性能を取り入れることができる。

・税制面での優遇措置を受けやすい。

・建築途中の工事状況を確認できる。

・家づくりの楽しさを味わえる。

■新築のデメリット

・中古住宅よりも購入価格が高額になる場合が多い。

・計画から工事まで、時間が長くかかる。

・施主として、数々の労力が必要。

・図面と実物のギャップを感じることがあり得る。

■建売のメリット

・住まい手の労力が、土地購入から新築を建てる場合に比べて少ない。

・注文住宅に比べ、価格を抑えることができる。

・プランや仕上げ・デザインなど、実物を見て判断できる。

■建売のデメリット

・希望の間取りにピッタリ合うものは少ない。

・建物の性能が不安。

・欠陥住宅・手抜き工事が不安。

・売買契約次第では、建物にも仲介料が発生する。

■中古のメリット

・新築に比べると価格が割安。

・同じ価格帯でも、新築より立地の良いところを選べる。

・建物の内装や使い勝手など、現物を見て検討できる。

・生活環境や近所付き合いがすでに出来上がっており、入居者の様子もわかる。

■中古のデメリット

・築年数やメンテナンスの有無により、建物が劣化している場合がある。

・メンテナンス工事が早期に必要となり、費用がかさむ。

・建築時期により、耐震・断熱などの性能が低い場合がある。

・仲介会社を通じて購入する場合は、仲介料が必要になる。

・税金の軽減措置を受けるには、一定の条件を満たさなければならない。

・住宅の条件によっては、新築より融資の条件が厳しくなるケースがある。

いかがですか?

新築の場合のみ、家族の暮らし方に家を合わせることができます。

建売や中古の場合、予算を低めに設定できるものの、

家族の暮らし方を家に合わせる必要があります。

中古住宅は少なからず劣化しています。

リフォームや建て替えを前提とし、予算を組んでおきたいものです。

さて、それぞれの違いをどう感じましたか?

あなたにとって最善の方法を選んでくださいね。

———————————————————————————————————
【笑顔の絶えない健康な住まい・株式会社岩澤工務店】は、
千葉県香取市を中心に、自然素材でつくる 『 本物の健康住宅 』
 “ 呼吸する” 自然素材に包まれた子どもたちが健やかに育つ家 をお届けしております。 

【自然素材&ダブル断熱&生体エネルギーの家】新築・リフォーム・建て替えも
主な施工エリア:
【千葉県】 香取市、成田市、旭市、銚子市、匝瑳市、芝山町、横芝光町、山武市、酒々井町、富里市、八街市、佐倉市、東金市、四街道市、印西市、栄町、白井市、東庄町、多古町、神崎町
【茨城県】 神栖市、鹿島市、潮来市、稲敷市、河内町、利根町、龍ヶ崎市、行方市、つくば市、牛久市、阿見町、美浦村、
取手市、つくばみらい市
その他お問い合わせください。
———————————————————————————————————

投稿日:2016年10月15日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP