ブログ

早く、健康な家に住みた~い キャンペーン!

 

今日は、家と病気の因果関係について話します。

実は、住まいは病気とすごく関係があります。

 

病気と言うと、シックハウスを思い浮かべると思います。

しかし、シックハウスはほんの一部で、もっと大きな問題があるんです。

 

ところで、質問ですが、

戦後最大の欠陥商品はなんでしょう?

 

住まいの話してるわけですから、想像がつきますよね。

 

そう、最大の欠陥商品は、家なんです。

その責任の大半は、ハウスメーカーと国の政策にあります。

 

日本は戦後、焼け野原になり住むところがありませんでした。

ですから、早くたくさんの家を用意しなければいけなかったんです。

それで、プレハブ式の住宅が開発され、それを政府も後押ししてきたわけです。

いかに早く大量に家を供給するかが最大の課題でした。

そういう点においては目的を果たしました。

 

しかし、一方で沢山の問題も起きました。

その一つが、病気です。

 

さて、病気と言うと、興味深い話があります。

あなたが初めての病院に行ったとします。

その時、医者はどんな質問をしますか?

 

おそらく、

「どうされましたか?」

って聞かれますよね。

日本では。

 

しかし、スウェーデンは違うんです。

スウェーデンの医者は、どうしましたかとは聞きません。

「あなたはどんな家に住んでますか?」

 

これが最初の質問です。

 

なぜなら、その人の住環境が分かると、病気の原因が分かるからです。

 

例えば、日当たりが悪い、風通しが悪い、狭い、不衛生、悪臭がする、騒音がする。

こういう家に住んでたら、元気な人でも病気になりますよね。

だから病気というのは、医者に行く前にすべきことがあるわけです。

多くの原因が建物に起因してるからです。

 

さて、その家が抱えてる問題は3つです。

まず、使っている建材です。

問題を起こしてる建材は、ほとんどが工業製品です。

塩化ビニールのクロスなど、石油を原料としている製品です。

接着材も有害物質を含んだものが多いですね。

こうした工業製品の建材が、身体的、精神的な病気を起こしているんです。

これが1つ目の問題です。

 

残り2つの問題は、またお話しますね。

今日は、住環境と病気には深い関係があると言う話でした。

 

※家の影響力は強いです。造り方によって、住まい手を健康にも、

不健康にも、幸せにも、不幸せにもしてしまう。

家とは、ただの箱ではなく、それほどの大きな役割があります。

 

多くの方が、健康な住まいで健康に、幸せに、そして笑顔で暮らしていただきたい

と思い、モニターキャンペーンを行います。(限定5棟)

詳しくは、お問い合わせください。

投稿日:2011年9月15日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP