ブログ

耐力壁を外側に設けたほうが良い理由 

前回、間取りについてお話ししました。

今日は、その補足のようなお話しです。

 

家族の成長と共に家の住み心地は変化します。

そのため、築後20~30年過ぎると、

間仕切りを撤去して空間を広くしたり、

水回りの設備を一新するなどのリフォームを行う人が増えてきます。

 

この時、部屋と部屋を仕切っている『間仕切り壁』が

建物を支える役目を担っている場合、この壁を撤去することはできません。

 

しかし、中には

「どうしても撤去したい」

という人もいます。

その場合、壁の代わりに柱を設けるなどの対策を講じますが、

強度をそれまでと同様に維持できるかは疑問です。

耐震性に不安を残してしまいます。

 

それを避け、リフォームの自由度を増やしたいなら、

建物を支える『耐力壁』を、できるだけ外側に配置しましょう。

耐力壁・梁・柱を規則正しく配置しておけば、

間取りの自由度が広がり、

将来のリフォームを不安なく行えます。

 

ところであなたは、

水回りをどのように配置する予定ですか?

水回りは、配管の老朽化や施工ミス、湿気による構造部材の腐食など、

ほかの部分よりも傷みやすい分、リフォームの需要が多い場所です。

もし水回りが一か所に集中していれば

点検や補修を行いやすいだけでなく、費用を抑えることもできます。

 

教育資金や老後の資金の確保を考えると、

リフォームの際に余計な費用負担が発生するのは避けたいですよね。

それに、制約を受けることなく希望通りにリフォームできたら、

満足度は高くなります。

 

将来、リフォームをする可能性は誰にでもあります。

間取りを決める際は、耐力壁と水回りのことも意識してみてくださいね。

————————————————————————————————————————————————–
【笑顔の絶えない健康な住まい・株式会社岩澤工務店】は、
千葉県香取市を中心に、自然素材でつくる 『 本物の健康住宅 』
“ 呼吸する” 自然素材に包まれた子どもたちが健やかに育つ家 をお届けしております。

【自然素材&ダブル断熱&生体エネルギーの家】新築・リフォーム・建て替えも
主な施工エリア:
【千葉県】 香取市、成田市、旭市、銚子市、匝瑳市、芝山町、横芝光町、山武市、酒々井町、富里市、八街市、佐倉市、東金市、四街道市、印西市、栄町、白井市、東庄町、多古町、神崎町
【茨城県】 神栖市、鹿島市、潮来市、稲敷市、河内町、利根町、龍ヶ崎市、行方市、つくば市、牛久市、阿見町、美浦村、取手市、つくばみらい市
その他お問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————–

投稿日:2017年9月19日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP