ブログ

防火地域、準防火地域とは

今日は、『防火地域』『準防火地域』についてお話しします。

建築物が密集した地域で火災が起きると、

被害が拡大する恐れがあります。

それを防ぐために設定されたのが『防火地域』『準防火地域』です。

防火地域では、地階を含む階数が3以上の建築物や

延べ床面積が100平方メートルを超える建築物は、

鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造などの

耐火建築物にしなければなりません。

準防火地域では、地階を除く階数が4以上の建築物や

延べ床面積が1,500平方メートルを超える建築物は

耐火建築物にしなければなりません。

一方、延面積が500平方メートル以下の場合、

一般的な木造2階建てや

一定の基準に適合する木造3階建てを建てることができます。

ただし、隣地からの距離が近く、延焼の恐れがある外壁や軒裏は

防火構造にする必要があります。

そして、ドアや窓などの開口部には、

一定の防火設備を設ける必要があります。

防火地域に設定されることが多いのは、

町の中心部や商業地域などです。

そして、防火地域をぐるりと囲むように設定されるのが

準防火地域です。

両方の地域をまたいで建築する場合、

より厳しい方の基準が適用されます。

利便性に優れた地域は、建築物が密集しがちです。

となると、

防火地域や準防火地域に指定されている可能性が高くなります。

場合によっては、高橋さんが思い描いているような

家づくりができなくなるかもしれません。

土地を購入する前に、しっかり確認しておきたいですね。

———————————————————————————————————
【笑顔の絶えない健康な住まい・株式会社岩澤工務店】は、
千葉県香取市を中心に、自然素材でつくる 『 本物の健康住宅 』
 “ 呼吸する” 自然素材に包まれた子どもたちが健やかに育つ家 をお届けしております。 

【自然素材&ダブル断熱&生体エネルギーの家】新築・リフォーム・建て替えも
主な施工エリア:
【千葉県】 香取市、成田市、旭市、銚子市、匝瑳市、芝山町、横芝光町、山武市、酒々井町、富里市、八街市、佐倉市、東金市、四街道市、印西市、栄町、白井市、東庄町、多古町、神崎町
【茨城県】 神栖市、鹿島市、潮来市、稲敷市、河内町、利根町、龍ヶ崎市、行方市、つくば市、牛久市、阿見町、美浦村、
取手市、つくばみらい市
その他お問い合わせください。
———————————————————————————————————

投稿日:2016年10月6日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP