耐震等級3とは?安全な住まい選びのためのポイントを解説!

新築やリフォームを検討している方々にとって、家の安全性は最も重要な検討事項の1つです。
特に地震の多い日本において、耐震性は無視できない要素でしょう。
今回は、耐震等級3という最高基準の意味と、その重要性について詳しく解説します。

□耐震等級3とは何か?

*耐震等級の基本

「耐震等級」とは、建物の地震に対する強度を示す指標です。
2000年に施行された「住宅品質確保法」に基づいており、等級1から3まであります。
等級1は建築基準法に基づく最低限の耐震機能を満たし、等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の耐震性能となっています。

*地震国日本の現実

日本は地震が頻繁に起こる国です。
そのため、耐震等級についての理解と、安全な住まい選びが極めて重要です。
耐震等級3は特に安全性を重視する方にとって、必須の知識と言えるでしょう。

*耐震基準の決め手

耐震等級を決定するには、建物の軽量化、耐力壁の使用、耐震金物の配置バランス、床面の耐震性などが重要です。
これらの要素が高いレベルで組み合わされることで、耐震等級3の強度が実現されます。

□耐震等級3の具体的な特性

では、それぞれの耐震等級にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここでは耐震等級別の特徴を見ていきましょう。

1.最低限の基準:耐震等級1

耐震等級1は、1981年6月1日以降の建築物が満たすべき最低限の耐震性を示します。
震度5強程度の地震では著しい損傷がなく、震度6強~7程度の地震では倒壊・崩壊しない設計がなされています。

2.より高い安全性:耐震等級2

耐震等級2は等級1の1.25倍の地震力に耐える設計です。
学校や病院などの避難場所、長期優良住宅の認定にはこの等級以上が求められます。

3.最高の安全基準:耐震等級3

耐震等級3は等級1の1.5倍の地震力に耐える強度を持ち、災害時の救護活動拠点となる建物の基準にもなっています。
最も高いレベルの安全性を求める方には、この等級の選択が推奨されます。
住まいの耐久性を維持したい方は耐震等級3を視野に入れてみてください。

◻︎まとめ

耐震等級3は、地震の多い日本において、最高レベルの安全性を提供する基準です。
新築やリフォームを考える際には、この等級を意識した家づくりを検討することが、安心で安全な住まい選びにつながります。
安全性に特に敏感な方々にとって、耐震等級3の理解と選択は、家族を守るための重要なステップです。

当社は自然素材をメインにした家づくりを行っております。
香取市・成田市・神栖市・印西市周辺でいつまでも快適な暮らしを実現したいという方はぜひご相談ください。

無料お問い合わせ
資金計画
こんな資金のお悩みありませんか?
住宅保証
岩澤工務店のおうちの安心保証
施工エリア
施工エリアについてはこちら!