ブログ

『衣』『食』と比べると『住』は・・・

『衣』『食』『住』に対する行動について考えてみたいと思います。

 

あなたは

「危険なのは充分わかっているけど可愛い服だから」

という理由で、子どもにフードやヒモ付きの衣類を着せたいと思いますか?

公園で遊ばせる時などは危険性が高まりますから、

わが子が大切であればあるほど着せたくないですよね。

 

ちなみに、保護者や関係団体の声を受け、

経済産業省は頭や首回りなどにヒモを使った子ども服について、

工業製品の国内統一規格である「日本工業規格(JIS)」として認めないことを発表。

デザイン性より安全性を優先するとしました。

(2015年12月から適用されます。)

 

次に『食』です。

食品を買う時、

食品添加物や生産地、消費期限や使用農薬の有無について

全く気にならないという人は、まずいないでしょう。

異物混入に関する報道や反応を見ると

食の安全性を重視する人が多いことがよくわかります。

 

ところで、

安全性の高い住まいというと、どんなことを思いつきますか?

地震に強く、断熱性に優れ、防犯対策もバッチリ・・・。

そんな住まいだと、確かに安全ですね。

 

しかし

健康で安全な暮らしに欠かせないものがまだあります。

 

それは『素材』です。

化学物質が含まれた材料で家づくりをすると

シックハウスの原因になります。

アトピーやぜんそくなどを重症化させる場合もあります。

 

食べ物を選ぶ時には農薬に敏感な人でも、

住まいを選ぶ時、化学物質に無頓着な場合があります。

それは恐らく、

「誠実な業者なら健康被害の原因になるようなものは使わないだろう」

という考えなのでしょう。

 

しかし実際は、

新居の広さを優先するためにワンランク下の材料を使うということは

ないとは言い切れません。

 

それを防ぐためには、家づくりの計画を進める時、

まず室内の空気を汚染するような材料を使わないことを最優先とし、

その素材と予算でどんな家を建てられるのか

逆算していく必要があります。

そうすると、理想としていた広さや間取りが無理になることもあるでしょう。

しかし、家族の健康にはかえられません。

 

そうそう、

健康に暮らせる新居づくりができたのに、

買い足した家具やDIYの際に使った材料が原因で

シックハウスで悩む人がいるのをご存知ですか?

 

もしそれらをネット通販などで購入するのなら、

安全性に問題がないかを、まず充分に調べてくださいね。

投稿日:2015年6月6日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP