ブログ

住まい次第で血圧リスクが変わります。

■70歳以上の7割以上は高血圧

年齢を重ねるほど発症リスクが高まる『高血圧』。

日本人患者の9割以上は、その原因が不明だといわれています。

(これを本態性高血圧症といいます)

高血圧というと、それほど重大な病気だと思わないかもしれません。

しかし、動脈硬化が心臓肥大が静かに進行し、

やがて心筋梗塞、心不全、不整脈、脳卒中、動脈瘤など、

循環器系の病気を引き起こす可能性が高いので、

決して油断ができないものなんです。

では、あなたが将来高血圧になる可能性が高いかどうか、

以下のチェックリストで調べてみましょう。

■いくつ当てはまりますか?

1.運動不足である

2.酒を飲む

3.煙草を吸う

4.ストレスを感じやすい

5.野菜や果物の摂取量が少ない

6.塩分の濃い料理が好き

7.両親や祖父母が高血圧である(遺伝)

いかがでしたか?

じつは、1~5は、

薄毛や抜け毛、肌の劣化の原因にもなるんですよ。^^;

■寒暖の差は、血管に大きな負担を与えます

老化した血管は、若い頃のように柔軟ではありません。

血管が固いと、血流が少し増えるだけで血圧が上がります。

ということは、

もし寒い脱衣所から熱いお風呂へ行ったら・・・。

暖かいリビングから寒いトイレに行ったら・・・。

健康な高齢者でも血圧が大きく変動することは、

容易に予想できますね。

これが高血圧を患っている人なら、さらにリスクが高まります。

かといって、

トイレや脱衣所だけを暖めれば良いというものではありません。

室内が寒いと、日常生活での運動量も減ります。

若い間は気にならない程度の違いかもしれませんが、

高齢になると、この運動量の減少が、

運動機能を低下を加速させる原因になるんです。

『冬、暖かい家』は、いつまでも元気に過ごすために

重要な役割を担っています。

投稿日:2016年4月14日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP