ブログ

形次第で,費用や耐震性に差が出ます。

近所の家の外観を見ると、じつにいろんな形がありますね。

正方形、長方形、L字型、コの字型・・・。

風水や家相を重視する方は、

できるだけ張りや欠けを避けようとするでしょう。

逆に、デザイン性や利便性を重視する方は、

あえて張りや欠けを取り入れることでしょう。

それぞれの家族のこだわりの結果が、

目の前に広がる家々の外観です。

そう考えながら見渡すと、とても興味深いですね。

ところで、全く同じ坪数の家でも

その形状によって費用が異なることをご存知ですか?

四角形の家と比べると、凹凸がある家は外壁の面積が増えます。

面積が増えるということは、材料費が増えるということです。

それに加え、作業の手間も増えます。

施工日数が増えるのはもちろん、その分の人件費も増えます。

作業の手間が増えるということは、

その分だけ施工不良のリスクが増えるということでもあります。

雨漏りのほか、断熱材の隙間による結露も心配です。

また、家の形は耐震性にも影響を与えます。

その理由は、凹凸部分と建物本体部分の剛性が異なるからです。

耐震性を維持するため、耐力壁を設けたり

室内の壁を増やすなどの対策は施しますが、

そのために、欲しい場所に窓を設置できなかったり

広めの部屋をあきらめざるを得ない場合もあります。

ちなみに、地震に強い家は前後左右の壁バランスが良く、

四隅すべてが壁になっている家です。

四角形の総二階なら最強といってもいいでしょう。

しかし、そんな家ばかりではあまりに味気ないですよね。

これらのことを踏まえると、

費用や耐震性を優先すると、

形はある程度制限されるかもしれません。

業者の知識をフル活用して、最も良い方法を模索してみてくださいね。

 

では、また。

投稿日:2016年3月16日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP