ブログ

収納の中も気をつけたいものです。

%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88.JPG

 

クローゼットや押し入れなどの収納の中は、

写真のように無垢の板を一枚一枚丁寧に貼っていきます。

 

扉を閉めてしまえば見えなくなってしまいますが

私たちはそういうところにもこだわり、妥協はしません。

 

肌に直接触れる布団や衣類を入れるところ、

大変気を遣わなければならないところだと思います。

 

無垢の木は、呼吸しているかのように常に動いています。

空気が乾燥すると水分を発散し、湿気が多いと水分を吸収する

この性質が、部屋の中に自然の調湿作用をもたらします。

 

一般的に多いのは、ベニヤ板(合板)や石膏ボードにビニルクロスが貼られているもの。

接着剤で貼り合わされたベニヤ板で貼られた収納の中は、化学物質で目がチカチカ、悪臭だらけ。

ビニルクロスは湿気を通さず結露でカビが発生。

 

私たちの健康に対して快適な空間をつくりだすためにも、そんな中には入れたくないですよね。

投稿日:2012年12月15日

一覧へ戻る

各種お問い合わせ

PAGE TOP