新築住宅で迷うオール電化とガスについて!どっちが良いのか解説します!

新築住宅を計画している方々の中には、オール電化とガスのどっちを選ぶべきか迷っている方が多いです。
この記事では、それぞれの特性やメリット・デメリットを詳しく解説し、あなたの住宅計画に役立つ情報を提供します。

□新築住宅ではオール電化とガスのどっちを選ぶべき?オール電化のメリットとデメリットを解説します!

まずはオール電化の特徴から見ていきましょう。

1.光熱費の一本化

オール電化の大きなメリットは、光熱費を一本化できることです。
支払い先が一箇所になるため、管理が簡単にな、節約効果も一目瞭然です。
さらに、ガスの基本料金が不要になるため、経済的な利点も見逃せません。

2.災害時の安全性

火を使わないオール電化は、火事のリスクを大幅に減らします。
ガス漏れの心配もなく、IHクッキングヒーターは触れても火傷の心配が少ないため、家族の安全を守ります。
また、災害時の電力復旧はガスよりも迅速で、早期の生活再建が可能です。

3.初期・メンテナンス費用の高さ

オール電化の導入には高額な初期投資が必要です。
電気機器はガス機器に比べて価格が高く、修理や交換費用もかさみます。
また、大型の給湯器などは設置にも追加費用が発生することがあります。

4.停電時のリスク

オール電化住宅は停電に弱いのが欠点です。
災害時には暖房や調理ができなくなるため、非常用の設備を備える必要があります。

□ガス併用のメリットとデメリットも解説!

次はガス併用の特徴を解説します。

1.昼間の光熱費節約

ガス併用は昼間の電気料金が高い場合に、ガスで補うことで光熱費を節約できます。
特に日中家にいる時間が長い家庭ではこのメリットが大きくなります。

2.将来の柔軟性

電気料金の値上がりに対して、ガス利用の比重を増やすなど、柔軟に対応できるのもガス併用の利点です。
これにより経済的な変動にも対応しやすくなります。

3.設備投資の手間と費用

オール電化からガス併用への切り替えには契約や設備投資に手間と費用がかかります。
特にプロパンガスの場合は、コストが高くなる傾向にあります。

4.ガス併用に向いている家庭

昼間の時間を家で過ごす家庭や強力な火力を求める場合には、ガス併用が適しています。
IHでは実現できない料理もガスなら可能です。

□まとめ

オール電化とガス併用、それぞれには明確なメリットとデメリットがあります。
この記事を参考に、あなたのライフスタイルやニーズに合った選択をして、理想の住宅計画を実現しましょう。
当社は自然素材をふんだんに使用した住まいを提供しております。
香取市・成田市・神栖市・印西市周辺いつまでも健康に暮らしたいという方はぜひご連絡ください。

無料お問い合わせ
資金計画
こんな資金のお悩みありませんか?
住宅保証
岩澤工務店のおうちの安心保証
施工エリア
施工エリアについてはこちら!